クイズ

英語圏でレタスだけのサラダを「なにサラダ」と呼ぶ?

2022年1月17日

英語圏でレタスだけのサラダを「なにサラダ」と呼ぶ?

今回は英語がヒントです!「レタスだけ」は英語で「レタス・アローン」。
これを、声に出して言ってみてください。
レ・タス・アローン
レ タ アス・アローン
レット アス アローン・・・

レット アス アローン・・・意味は「私たちだけにして!」

答えは、ハネムーンサラダ。「レタスだけ」つまり「レタス・アローン“lettuce alone”」の音が、「私たちだけにして!~ レット・アス・アローン“let us alone”」に似ていることから、2人だけになりたい新婚さんをもじって、「ハネムーンサラダ」と呼ぶのだそうです。

みなさん、知っていましたか?

名前の由来は「お乳の出る野菜?」

レタスの茎の部分をカットしてみるとお乳のような白い液が出てきます。英語名のレタス「lettuce」は、ラテン語の「乳」を意味する「lac」「lact-」からきた言葉で、ラテン語での「ラクチュカ lactuca」が語源となっています。レタスのお乳のような白い液体が、「ラクチュコピクリン」「ラクトカリウム」と呼ばれる、ポリフェノールの一種であると言われています。

レタスと食べるとよく眠れる?

レタスは95%が水分ですがビタミンA・C・Eや鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維などがバランスよく含まれています。また、白い液体の正体「ラクチュコピクリン」は、鎮静・催眠効果があるため、不眠症に効果的と言われています。

レタスの歴史

原産地は、地中海の周辺といわれています。日本へは中国から伝わりました。伝わった当初のレタスは、球結ではなく、広がった形をしいて、使うたびに、下の方の葉から掻きとっていたので、“掻きチシャ”と呼ばれていました。(「チシャ」とは「乳草(チチクサ)」から生まれた言葉です)最近よく見かける、結球レタスが伝わったのは第2次世界大戦以降で、食の欧米化に伴って急速に普及したそうです。

レタスの効果的な食べ方、調理法は?

レタスは鉄の包丁などで切らず、手でちぎったほうが切り口の変色を防ぐことができて、おいしく食べられます。また、シャキシャキ感を楽しむために、冷水にさらしておき、パリッとしたところで、水分をきって食卓へ出しましょう。

カラダに良いレタスを、みなさん、どんどん食べてくださいね!

一覧へ戻る