TOP知る・楽しむ > レタス

 レタス特集

レタスってどんな野菜?

一年を通して食べられるレタス。冷涼な気候を好み気温20℃前後でよく育つので、季節によって産地が異なります。夏は高原の長野、冬は暖かい香川、春と秋は茨城から多く出荷されています。レタスのおいしい時期は、4~5月の春レタスと、6~9月の夏秋レタスです。旬の時期のものはみずみずしさが増します。レタスは丸い形のもの「玉レタス」と、丸くならない「葉レタス」に、分かれています。また、さまざまな改良が行われ、たくさんの品種が出回っています。
・サニーレタス ・サラダ菜 ・サンチュ ・フリルレタス ・グリーンカール ・ロメインレタス ・コスレタス...etc

レタス

レタスの栄養素

全体の約95%が水分ですが、ビタミンC、E、カロテン、カリウム、カルシウム、食物繊維などをバランスよく含みます。レタスはサラダなどでそのまま食べられますので、栄養分を損なうことなく摂取することができます。
またレタスの茎の部分をカットしてみると薄白い液体が出てきます。この液体は、サポニンの一種ラクツカリウムというもので、鎮静・催眠効果があると云われています。イライラを鎮め、リラックス効果を高めるので、ストレスがたまっている人はたっぷり食べてみてはいかがでしょうか。


知って得するレタスの調理方法

●変色を防ぐには?
レタスは鉄の包丁で切ると切り口が茶色くなり苦味も強くなるので、必ず手でちぎって使いましょう。
手でちぎった方が断面が粗くなり、ドレッシングが絡みやすくなるのでポイント。

●シャキっとした食感に!
切った後、しばらく冷水につけます。水気を切って冷蔵庫に入れておくと、しゃきっとした食感で見た目もよくなります。レタスの水気をよく切っておくとドレッシングの油がつきにくいので、ドレッシングと和える前に、水切りを充分にしておきましょう。

●加熱して吸収率アップ
レタスはカルシウムを多く含みます。油とともに食べることでカロテンやビタミンEの吸収率がアップするので、加熱調理もおすすめです。しんなりしてかさが減ることで、食物繊維もたっぷり摂れます。生でも加熱しても美味しく食べられます。



相性のよい食材
牛肉や、豚肉との相性がよいです。お肉のコクと、みずみずしいレタスのさっぱり感が調和し爽やかな味わいになります。レタスはさっと火を通すとシャキシャキ感が増します。

牛肉とレタスのマヨネーズ炒め


レタスの選び方
●葉が黄緑色で光沢がある
葉にハリがあってみずみずしく、外側の硬い葉(おに葉)がついているのは新鮮な証拠です。

●茎の切り口が小さく、白い
茎の部分が白くて瑞々しいもの。切り口が小さくて、変色してないものが良いです。芯の切り口周辺がピンク色を帯びているものは避けましょう。

●丸くて、巻きがゆるやか
巻きは硬すぎず、ゆるやかに結球しているもの。葉がぎっしりつまっていなく、見た目より軽いものを選ぶのがポイントです。

レタスの選び方


保存方法
レタスは全体を洗うと中から腐りやすいので、外側から葉をはがして使います。乾燥して萎びやすいので、残りはラップで包むかビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で2~3日は保存できます。傷みやすいので、なるべく早めに食べきりましょう!


Recipe Search お好みレシピを見つけよう!

カテゴリー検索

ジャンル 調理時間 カロリー
※1ヶ所だけの選択でも、3つの要素を組み合わせても
レシピを検索できます。

フリーワード検索
※全角のひらがな、カタカナ、漢字でご入力ください。